交通事故問題を弁護士に相談するタイミングはいつがいいか?

交通事故の被害に遭われた場合に、すぐに弁護士に相談しようとお考えになる方は多くはないかもしれません。

しかし、弁護士へのご相談はできるだけお早めにしていただくことをおすすめしております。

交通事故の被害に遭われた後は、車などの修理や治療が始まり、さらに後遺障害等級認定があったりもして解決までには長い時間がかかることがあります。

しかし、弁護士へのご相談のタイミングを間違えてしまうと、十分な賠償金を得られないなどの問題が生じるケースがあります。

ですから、弁護士へのご相談のタイミングを見極めることは実はとても重要なことなのです。

そこでこの記事では、弁護士に相談する最適なタイミングについてご説明していきます。

治療が終了後での相談では遅いケースがあります!

交通事故でけがを負い、治療を続けても何らかの症状が残ってしまう場合には、後遺障害等級認定を受けて後遺障害を原因とした慰謝料や逸失利益などの損害賠償請求を行わなければなりません。

この後遺障害等級認定ですが、必ずしも適正な認定を受けることができるとは限らないのです。

適正な認定を受けるためには、適切な頻度で適切な医療機関に通院することが必要ですし、必要な検査を適切なタイミングで受けることも大切です。

そして治療期間中に得た資料をきちんとそろえたうえで、申請を行なわなければなりません。

治療が終わるまでの早い段階で弁護士にご相談いただければ、どのくらいの頻度で通院した方がよいのかや、いつどういった検査を受けなければならないのか、医師にどういったことを伝えた方がよいのか、そうするとどういった診断書が出来上がるのかなどといったことを、詳細にアドバイスしていくことができます。

その結果、適正な後遺障害等級認定を受け、正当な賠償金を獲得することができる可能性が高まるのです。

ところが、一度治療が終わってからご相談いただいた場合ですと、すでに必要な検査を受けるタイミングを逃してしまっていることもあり得ますし、後遺障害等級認定をスムーズに受けるために必要な頻度で通院ができていなかったということにもなりかねません。

十分な資料を集めることができないことで、後遺障害等級認定を受けられない場合もあるのです。

ですから、まだ治療中だから弁護士に相談をする必要はないと判断せずに、まずは一度、お気軽にお問い合わせいただくことをおすすめいたします。

早めのご依頼で保険会社との対応をお任せいただくことができる

交通事故の被害に遭われた方の中には、相手方の保険会社との対応で大変嫌な思いをしたり、大きなストレスを抱え込んでしまたりといった人が多くいらっしゃいます。

早い段階で弁護士にご依頼いただければ、弁護士が相手方保険会社との対応をすべて代行いたしますので、そのあたりのストレスを感じなくてよくなります。

また、当事務所の弁護士はお話をしやすい雰囲気作りをモットーとしていますので、気になることはなんでもご質問いただくことができ、不安なお気持ちを取り除くことができると思います。

この点は、経済的な部分とは別に、多くのご依頼者からお喜びいただいています。

また、実際にすぐにご依頼はいただかずにまずはご自身で対応されるにしても、どういう賠償が適切なのかなどについて、ある程度早いうちに法律相談で確認しておいてもらえれば「ここは保険会社が言っていることが正しい。」とか、「ここは保険会社が言っていることはおかしいな。」といった見極めがつくようになりますので、無駄なストレスを抱えることなく交渉を進めていける可能性が高くなると思います。

ですから、相手方との対応による精神的なストレスを軽減するためにも、お早めに弁護士にご相談いただくことをおすすめします。

相談のタイミングによって弁護士費用は変わらない

弁護士に早めに依頼してしまうと、多くの弁護士費用を支払わなければならなくなってしまうのではないかとご心配される方もいらっしゃるかと思います。

しかし、弁護士への法律相談は、いつのタイミングによっても費用は変わりませんし、ご依頼のタイミングについても、早い段階だからといってそのことによる弁護士費用の増加があるわけではありません。

また、ご自分の保険に弁護士費用特約が付帯している場合には、法律相談費用も保険から出ますので、そもそもご自身の負担がないケースがほとんどです。

ですから、弁護士費用の増額を心配してご相談の時期を遅らせるという必要はまったくありませんので、ご安心いただければと思います。

早期のご相談がおすすめです

ここまでご説明しましたように、弁護士にご相談いただくタイミングが遅れて後悔をすることのないように、交通事故の被害に遭われた場合には、お早めにご相談いただければと思います。

一度ご相談いただくことで、具体的なご事情に応じて、弁護士に実際にご依頼いただいた場合のメリットやおすすめのご依頼時期についても、アドバイスさせていただきます。

相談料・着手金0円 完全後払い制 ※弁護士特約の場合は除く/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません! 交通事故の無料相談はこちら

0120-792-546
24時間受付 メールでのご相談はこちら