保険会社の対応に納得できない場合に弁護士は何をしてくれるのか?

交通事故の被害に遭うと、多くの場合相手方が加入している任意保険会社と治療や損害賠償の金額などについてやり取りを開始することになります。

ところが保険会社は、自分が支払う保険金をできるだけ低額に抑えたいと考えるものです。

ですから保険会社の対応は、事故の被害者の方にとってとても納得のできないものであったりします。

また、保険会社とのやり取りはときに、大きなストレスになったりすることがあります。

そのような場合には、弁護士にご相談ください。

ここでは保険会社の対応に納得できない場合に弁護士にご相談・ご依頼いただくと、弁護士が何をしてくれるのかについて、ご紹介していきます。

保険会社が誠実な対応をしてくれない

相手方の保険会社との対応で嫌な思いをしたり、ストレスを抱え込んでしまわれる方は多くいらっしゃいます。

保険会社の担当者によっては、高圧的な態度であったり、ひっきりなしに連絡をしてきたりということもあるようです。

そのような場合には、早い段階で弁護士にご依頼いただければ弁護士がご依頼者に代わって、保険会社とのやり取りをすべて行いますのでそのあたりのストレスを感じる必要がなくなります。

また、早い段階でご相談をいただいておくだけでも、どのような賠償が適切であるのかについてアドバイスを受けることで「ここは保険会社が言っていることがおかしいな。」「これは保険会社の言うとおりだな。」などといった見極めがある程度つくようになりますので、無駄なストレスを抱えずに、交渉を進めていけるのではないかと思います。

治療費が打ち切られた

事故からある程度の時間が経過すると、保険会社から治療費の打ち切りを宣告されることがあります。

この場合に、いったん打ち切られた治療費の支払いを再開してもらうことは簡単なことではありません。

一般の方が単独で保険会社と交渉してもほとんど不可能といってもよいかもしれません。

弁護士にご依頼いただいている場合には、医師から治療の必要性に関する診断書を取得するなど証拠を準備して、保険会社と交渉をし、ご依頼者に代わって治療費支払いの継続をお願いします。

なお、治療費が打ち切られたからといって、必要な治療がまだある場合には,治療自体は中止しないでください。

治療を中止してしまうことで、慰謝料金額や後遺障害等級認定に悪い影響を及ぼすことがあり得ます。

このあたりについても治療終了前の段階で弁護士にご相談いただくことで、アドバイスをさせていただくことができます。

提示された示談金が妥当かわからない・低すぎる

治療が終了すると、保険会社から示談金の提示があるのが通常です。

しかし、示談金が記載された書類を受け取っても、その金額の妥当性がわからなかったり、低すぎると感じたりされる場合があると思います。

そのような場合には、示談に応じてしまう前に、弁護士にご相談ください。

保険会社が提案する示談金は、ほとんどの場合、裁判によって認められる損害賠償金の額よりも低くなっています。

当事務所にご相談いただければ、裁判基準(弁護士基準)によるといくらになるのかなど、詳しいことをご説明させていただきます。

また、過失割合などについても相手方の保険会社は相手に有利な主張をしてきますが、必ずしもそれが正しいとは限りません。

弁護士にご相談いただくことで、その妥当性も判断できます。

交通事故の経験が豊富な当事務所にご依頼いただければ、法律や裁判例の深い知識を活用して相手方保険会社と交渉を進め、ご依頼者にとってできる限り有利な結果となるように尽力いたします。

弁護士にご依頼いただく場合と、ご自身で保険会社と示談してしまう場合とでは賠償金の額が数倍になったり、数百万円以上変わってきたりといったこともございます。

ですから、提示された示談金に少しでも疑問を感じたら、弁護士にご相談いただくことを強くおすすめします。

保険会社の対応に納得がいかない場合には弁護士にご相談ください

このように、保険会社とのやり取りに疲れてしまうことや、保険会社に納得のいかない対応をされてしまうケースは多くあります。

そのような場合には、ぜひ当事務所にご相談ください。

当事務所は交通事故の知識と経験が豊富ですので、必要な証拠を準備し、法律的な根拠を示しながら保険会社と対峙することができますので、安心してお任せいただくことが可能です。

また弁護士にご依頼いただくことで、保険会社などとのやり取りから解放されて精神的負担を取り除くことができ、獲得できる賠償金の増額も期待できます。

相談料・着手金0円 完全後払い制 ※弁護士特約の場合は除く/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません! 交通事故の無料相談はこちら

0120-792-546
24時間受付 メールでのご相談はこちら