過失割合の重要性と弁護士のサポート内容について

交通事故の損害賠償の問題においては、「過失割合」が重要になってきます。

過失割合とは、交通事故が発生した原因が、どちらにどれだけあるのかを示す割合で示すものです。

交通事故は、一方のみに100パーセントの原因があるという場合もありますが、実際には、両者にいくらかの原因があるという場合も少なくありません。

ここでは、どうして「過失割合」を考えることが重要なのか、そして、当事務所にご依頼いただいた場合に弁護士がサポートできる内容について、ご紹介していきます。

過失割合とは

民法は、「被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。」(第722条2項)として、被害者の過失も損害賠償金額を定める際に考慮することを定めています。

被害者の方にも不注意があった場合に、加害者がすべての賠償責任を負担するのでは不公平ですから、損害を公平に分担するために、被害者側の責任の割合分を損害額より差し引いくという取り扱いがなされているのです。

このときの割合を、「過失割合」と呼び、損害を差し引くことを、「過失相殺」と呼びます。

過失割合の重要性

過失割合によって、最終的に受け取ることのできる損害賠償の金額は大きく変わります。

交通事故の損害賠償は、過失相殺が行われると、過失の割合に応じて、治療費、慰謝料、休業損害、逸失利益などのすべての損害項目から減額されてしまうのです。

全体の割合で引かれてしまいますので、かなり大きな金額になることも少なくありません。

例えば、損害額が全部で500万円の場合を見てみましょう。

この場合、被害者に過失がなければ、500万円全額を受け取ることができるわけですが、過失割合が、被害者に20%の過失があるとされた(20対80)場合、被害者が受け取ることができる損害賠償金は、500万円から20%が減額されて、400万円になります。

さらに、被害者の過失が、30%ということにと(30対70)になれば、最終的に受け取ることができる金額は、30%である150万円が減額されて、350万円となってしまいます。

このように、過失相殺によって大きな減額されることがありますし、過失割合が変わることで受け取れる金額が大きく変わってくることがあるのです。

ですから、通常、保険金を支払う立場にある加害者の任意保険会社は、できる限り加害者に有利な過失割合で合意をすることを目指すものです。

そのため、被害者側としては、保険会社の主張を鵜呑みにするのではなく、適正な過失割合での合意ができるようにすることが、適正な賠償金を獲得するために極めて重要なのです。

弁護士にご依頼いただいた場合に受けられるサポートとは

保険会社から提示された過失割合の妥当性をアドバイス

保険会社から過失割合の提示を受けてたら、まずは弁護士にご相談いただくことをおすすめします。

先程も触れましたが、保険会社から伝えられると、その過失割合で仕方がないものなのかなと思われてしまわれる方も多いですが、実際には、争う余地があるケースは少なくないのです。

しかし、交通事故に関する専門的な知識がない一般の方がご自身でその妥当性を判断するのは、非常に困難です。

ですから、専門家である弁護士にご相談いただくことが得策なのです。

法律的な主張を組み立てる

相手方が主張する過失割合に問題点があると思われる場合には、徹底的に争わなければなりません。

その際にまず大切なことは、法律家としての調査です。

当事務所は、まずきちんと判例を逐一調査します。そして、有利な法律構成だとか、主張を組み立てるのです。

証拠の準備

どのような事故態様であったのかについて、被害者と加害者で主張が異なるというケースは多いものです。

こちらに有利な過失割合を認めてもらうためには、証拠によって、こちらの主張する事故態様が正しいということを立証しなければなりません。

そのためには、必要な資料を収集したり、現場の検証などを行って、証拠を集めなければなりません。

資料には、例えば、実況見分調書など様々なものがあります。

どのような証拠を集めればよいのかを判断するのは容易ではありませんし、また、必要な資料を収集するのは、一般の方にとっては、かなりの手間にもなります。

弁護士にご依頼いただければ、ご依頼者に代わってすべてを行います。

相手方との交渉を代わって行います

交通事故の問題を弁護士にご依頼いただくメリットは、賠償金の適正化だけとは限りません。

多くの被害者の方は、保険会社とのやり取りに大きなストレスを抱えてご相談に来られます。

保険会社とのやり取りは、頻繁で、生活リズムを脅かされたり、高圧的な話の進め方をされて精神的に疲弊してしまうというケースもあります。

また、内容の妥当性がわからないために、不安な気持ちでやり取りを続けることがストレスになるということもあります。

特に、過失割合を争うためには、専門的な知識が必要で、相手方の保険会社は、難しい話をしたりこれで決まっているのだといった態度で話をどんどん進めようとしたりすることでしょう。

弁護士にご依頼いただければ、それ以降の相手方とのやり取りはすべて弁護士が代わって行いますので、精神的なストレスが大きく軽減されます。

過失割合は当事務所へご相談ください

このように、自分に有利な過失割合で合意をすることは、非常に重要ですが、適正な過失割合を認めてもらうことは、容易ではありません。

ぜひ当事務所へご相談いただき、専門家である弁護士に交渉をお任せください。

相談料・着手金0円 完全後払い制 ※弁護士特約の場合は除く/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません! 交通事故の無料相談はこちら

0120-792-546
24時間受付 メールでのご相談はこちら